住宅ローン、事前審査のポイント!

『事前審査』で自分は借金もない、クリーンな人間だから大丈夫と思ってても、審査に落ちることが、案外によくあります!
なので、次の8点がないかまず、確認してみましょう!

①別の借金!?があるので、思ったほど貸してくれない!
★クレジットカードのリボ払い
★携帯端末などの分割払い
★車のローン

②個人信用情報に問題がある~未納や滞納~
★支払いの遅延(クレジットカード・キャッシング・携帯電話・電気・ガス・水道など)残高不足による、引落しとか間に合わなかった人
★税金を払っていない(未納)

③年収・勤続年数・雇用形態・給与形態
★年  収・・・銀行の最低年収を下回る(大体300万以下)
★勤続年数・・・1年以下
★雇用形態・・・契約社員・アルバイト・パート
★給与形態・・・時給・歩合制(④と同じで収入が安定していない為)

④個人事業主(自営業)など収入が安定しない人
★個人事業主の方は3年連続黒字決済で収入が安定している方が通りやすいですが、まだまだ難しいです

⑤健康状態がよくない人(団体生命保険に加入できない)
★糖尿病・高血圧などの持病がある人

⑥自己破産や個人民事再生をしたことがある人

⑦返済負担率(25%~35%)を超える人・完済時年齢が80歳以上
★返済負担金・・・400万未満(25%~30%まで)  400万以上(35%まで)

⑧その他
★家族の金銭トラブルも
★現在、産休中又は育休中など

『事前審査』をする時には、個人信用情報を確認しよう!
自分の履歴を知りたい人は、個人信用情報を取り寄せて確認しましょう。

日本には CIC ・ KSC ・ JICC という 3つの個人信用情報センターがあります。(5年間程度記録が残ってます)

意外と”携帯電話代の支払いに遅延があった”や”奨学金の支払いが遅れたてた”なんて事があるかもしれないので、まず確認することをお勧めします。(1社あたり約1,000円)

また、上記に当てはまっても、家づくりをあきらめないで下さい。ファイナンシャルプランナーによる相談も行っております。不安に思われる方、詳しく知ってみたい方、小林住建にお問合わせ下さい。

ファイナンシャルプランナーって?
住宅ローンはどこがいいのかなあ?ローンを返済しながら、教育資金や老後の資金は貯蓄できるかなあ?などなど
ライフスタイルや価値観、経済環境など、ご家庭の状況をお聞きし、
夢や目標がかなうように一緒に考え、総合的な資金計画を立て、アドバイスをする専門家です。

知って得する魔法の“小冊子”限定プレゼント!